11月28日(水)、「Studio 03 まちを聴く」の最終回として芝浦の様々なリズムを元にした曲を鑑賞しました。 studio03ではこれまで、第2回で集めてきた芝浦の風景やサウンド、テクスチャーなど様々なリズムの素材を収集し、第3回に参加者各々が、サウンドや風景、テクスチャーを収集する中で芝浦に対してどのようなイメージを持ったかなどの話し合いを行い、芝浦をテーマとした作曲をするとしたらどのようなものになるか、イメージを共有しました。そして、ゲストである田中さんにみんなのイメージを具体的に作曲してもらった曲を鑑賞しました。鑑賞後は曲、studio03について振り返りを行いました。   こちらが完成した曲になります。 作曲者(Composer):Kenta Tanaka   以下は11月28日 studio03 “まちを聴く”最終回の様子になります!        写真:鈴木竜一朗

今日 11月10日(土)、島影圭佑さんがスタジオマスターを務める「Studio 03 まちを聴く」の第2回として芝浦の街にフィールドワークに行ってきました! 今回のスタジオではゲストとして参加している田中堅大さんと島影さんの指導の元、「見る・触る・聴く」を通して、風景の中の人や車などの流れ・手触りとしてのテクスチャー・普段は聞き逃しているサウンドなどの、街にある色々なリズムを収集してきて音の要素として変換し曲にするというワークショップになっています。 今日の様子を一部ご紹介します。 以下は皆さんが収集した風景やテクスチャーの一部です!       

10月14日(日)、ストウミキコさんがマスターを務める「Studio02 まちに触れる」で実際にまちに出てパフォーマンスを行いました! 前日までにロケハンしたシバウラならではの魅力的な場所に出かけて、身体を使って対話を試みました。 シバウラのあちこちで街の風景や通り過ぎる人々と触れ合い、すれ違いながらまちまるごとに触れました。               写真:鈴木竜一朗、廣田達也  

加藤文俊マスターの「Studio01 まちと出会う」において、9月9日のFieldwork(街歩き)/9月15日のPractice(演習)を通して参加者一人一冊の折り本を制作しました。 皆さん異なる視点や気づきからの折り本を各々で作っており、9月19日のPresentationでは各自発表を行いました。 データはダウンロードしてそのままA3で印刷すれば冊子になりますのでぜひ折り本にしてみてください!   折り方 Ouraさん「シバウラ〇〇に出会う旅」 Sodaさん「芝浦 独断と偏見で選ぶ街で見かけたスキなもの・キライなもの」 Honmaさん「SHIBAURA BRIDGE」 Rikiishiさん「潜む生活」 Han「SHIBAURA PERSPECTIVES」 Ogiwara「Island」